高橋正尚先生説明会・講演会を西谷梅の木で開催します。

高橋正尚先生説明会・講演会を西谷梅の木で開催します。

開催しました。

前南附中校長・現鎌倉女子大小学部長(校長)高橋正尚先生 講演会・説明会


前 横浜市立南高校学校附属中学校校長
現 鎌倉女子大学初等部部長(校長)
現 鎌倉女子大学 教授
高橋正尚先生が、ユニティにお越しいただき、説明会・講演会を開催いたします。

定員はごく少数となってしまいますが、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

日時

8月24日(金)
13:00~15:00

場所

ユニティ西谷梅の木

対象

※定員が限られております。
今回に関しては、お子さんとその保護者の方を優先して受付させていただきます。

参加方法

小さな教室ですので、定員が10~15名程度となっております。
家族数で言えば、5~10程度となります。

参加希望人数を、こちらよりお知らせください。
LINEでの連絡も可能です。
お電話の方は、045-520-3662 へお気軽に。

説明会・講演会概要

 2007年に開校した横浜市立南高校附属中の初代校長として、横浜市の公立中高一貫校の歴史を拓いた先生です。

 2012年に入学した南附属中の一期生は、英検合格率で全国トップクラス、東大合格5名を含む国公立大学に50名合格など、神奈川はもちろん全国から注目される成果を残しています。

 その一期生が小5だった2010年に、高橋先生は「横浜市に、初めて公立中高一貫校ができます。」と説明会で何度も語りかけました。

 母体となった南高校(通称なんこう)が学区制時代に3番手校だったこともあり、公立中高一貫校とはいえ、特別優秀な生徒が目指す学校とは、誰も考えませんでした。

 でも、多くの大人が受け取らなかった高橋先生の強い個性と情熱を、当時の小学生たちはきちんと受けとったのです。

 2012年2月の入試で160名の定員に集まった志願者は1767名。

 当日欠席も71名(4%)にとどまり、実に10倍を超える入試を経て一期生160名が開校の晴れの日を迎えることとなりました。

 今は大学1年生となった彼らに、説明会で語りかけ、深い思考力・表現力を問う選抜を行い、入学後にも全員と対話を重ねてきた高橋先生は、現在鎌倉女子大学初等部にて学校運営に携わっています。

 10倍を超える志願者が集まったのは、学校のブランドでも、立地でも合格実績でもありません。

 ただただ、
教える人の情熱を代表して、高橋先生があらゆる場所にでかけていき、

「南高校なんて知らない。」

「私には関係ない。」

「偏差値が決まってない中学に興味はない。」

と思っている多くの人に、繰り返し、直接語りかけたからです。

 そんな、「規格外」の先生の言葉と熱を、一人でも多くの生徒さんにうけとって欲しいです。

↓ユニティとは? 内申・通知表を向上させる教室です。

ロボット教室もやっています。

こんなお問い合わせをいただいています。

こちらの本もお薦めです。

南附属中が短期間で全国を代表する学校になった様子が短くまとまり、読みやすいです。

高橋先生が校長をされている、鎌倉女子大附属小学校のことが紹介されています。

ご相談・資料請求お気軽に

志望校選びカテゴリの最新記事