図形の力は、発見する力

図形の力は、発見する力

算数や数学の、図形の授業で、

「ここに補助線を引けば解けるよ。」

「これが、正三角形だよね。」

なんて、解説を聴いて、

「それはわかる」

けど!

「どうやったら、それに気づくの??」が知りたいわ~。

って思ったことありませんか?

 

そう、図形の授業での解説は、

教えていることが目に(脳内に)見えている先生

から、

見えてない生徒

への指導です。。。

いくら、その解説を聞いても、
先生が見えているものを、見えるようにならなきゃ、
勉強の時間は無駄になってしまいます。

そんな、あなたに贈る!
角度のトレーニング第一弾!

正三角形をいくつかの種類の図形に分割して、それぞれの角度を求める問題を解いていきます。

解いてもらう問題は、こんな感じ

これらの図形は、正三角形をもとにつくられています。
30度・60度・90度・120度の4種類の角度がいくつ含まれているかを数えてもらう、
という問題です。

こんなの、
他では解いたことがないですよね?

だまされたと思って、ぜひ一度やってみてください。
ユニティの過去の指導の中で、これを信じられないスピードで解く生徒もいれば、
すっごく時間がかかる生徒もいる。

つまり、
大きな差があることを繰り返し確認・分析しています。

だから、トレーニングする価値がある。
超苦手な子が、トップの子に追いつくことはないでしょうが、
反復することで、今まで養われていなかった能力が開花することは間違いありません。
(ユニティでは、小2小3からこのようなトレーニングを積み重ねます)

 

???コツは???

問題を眺めてみると、たくさんの角を数え上げないといけないので大変そう、、、
でも、慣れてくるとパズルを組みわせる感覚に気づいてくるはず。

どんなパズルあるのか、それが何個出てくるのか数えていくと、素早く解けるようになります。 パズルの種類を3つ紹介するので確認して問題を解いていこう!

パズル①

まずは正三角形。 正三角形は全ての辺が同じ長さで、角度がすべて60度の三角形。 この形を見つけたら、60度が3つ数えられる。
60度のところには、〇という印をつけるようにすると数えやすい。

パズル②

次に三角定規。
正三角形を半分にすると、三角定規が見つかる。 三角定規だから、この形を見つけたら、90度、60度、30度が1つずつ数えられる。
30度には、×という印をつける。(60度には〇) 90度は無印でもよいですが、直角の印(□)をつけてもよいですね。

この三角形には、「さぶろう」(30・60だから^^;)という名前をつけます。

さぶろう!

を見つけると解ける問題は、あらゆる入試でたっくさん出題されます。

さぶろうを見つけないと解けない。でも、名前があるものは見つけやすい!

という法則があります。だから、この図形に名前をつける。

パズル③

最後に二等辺三角形。30度が2つと120度が1つ。30度には×をつけよう。

これって、「さぶろう」が2人だよね? 真ん中に線をひけば。

そう!!!

この図形が、さぶろう2人に見えるかどうかは、だいっっじな!力です。
名前をつけると、見つけられるのだ!!

こうやって、
①~③のパズル、特別な三角形がいくつ含まれるかを探してみると、素早く、そして数え漏れが少なく、解くことができる。

 

問題(プリント)のダウンロードは
こちらから!
↓↓

ユニティドリル角度_IJ

ご相談・資料請求お気軽に

算数数学(^^)/基礎トレーニングカテゴリの最新記事