オンラインで

オンラインで

オンラインでの教育に没頭してます。。。

久しぶりに、カラダの奥の方にある、何か本能みたいなものが自分を動かしていることを感じます。

もうちょっと若かったら、朝から晩まで、週末も無茶苦茶に働いていたと思いますが、

長年の経験で、こういうときは休息もすごく大事と学んだので、

日々の休憩や、週末のリセットを大切にしています。

 

さてさて、やるからには世界で一番を目指したい。

何で世界一を目指すべきかを、開校以来2年間のオンライン推進と、3月からの新展開で考え抜いてきました。

今のところの結論は、

 

1)まずは量!

たぶん、
世界一になれたと思います。

きちんと集計したのが、4月のおよそ2週間ですが、
オンラインで解いた問題数が
約20万問
\(^o^)/
(オンラインかつ、相対的な位置がわかる問題のみを数えました)

動画・音声のやりとりを伴うもの、またはzoomなどオンラインで学習した時間を全生徒分合わせると
約980時間
\(^o^)/

ついでに言うと、保護者の方と音声通話した時間は、
0分\(^o^)/
すべてをオンラインでのやりとりとし、音声通話があるとしたら生徒さんのみ。

そっちの量(の少なさ)も、大切だと考えています。
保護者と電話でいくら話しても、オンライン学習の改善はない。
その時間は、生徒との会話・授業に費やすのがいい。

 

2)相対的な位置

前述のとおり、相対的な位置を知ることのできる問題を、週7日間欠かさずにやってもらっています。

生徒さんが、どれくらいやれているのか?
という相対的な位置、いわゆる塾的なランキング表を、毎日数回

2週間で配信した回数は
約150回
\(^o^)/

もともと、
ランキング表の配信には力を入れていましたが、

3月以降、さらに力を入れています。

なぜなら、
私たちは今、試験がない世界に生きているからです。

数値で、自分の相対的な位置を知ることは、離れているからこそ、とても大切なことだと考えています。

 

そんなこんなで、
2週間で生徒さん・保護者の方とやりとりしたデータファイルの数は、

約700
\(^o^)/

保存していないものも多いので、おそらく1000は超えるはずです。

データファイルは少ないほうがよい、という考えもあるのですが、
効率化も追求した結果、多くのデータファイルを扱えるようになってきました。

 


公共交通機関の利用は3月以来なし。

会食・会議・研修等も3月以来なし。

家族との時間が、急激に増えた反動もあるのか、
一人でいることを寂しく感じるオジサンになりつつあります。

特にzoomはいけませんねぇ。

大勢の生徒が、ばーっと消えていき、

画面に誰もいなくなったあとで、

心で「チーーン」と寂しい音が鳴るのです

(T_T)

ご相談・資料請求お気軽に

ユニティ西谷梅の木についてカテゴリの最新記事