角度の得意・不得意を分ける履きもの

角度の得意・不得意を分ける履きもの


角度の得意・不得意を分けるのは「スリッパ」
「はぁ、そうですか。たしかにね、スリッパに見えますね。」
と、冷静になっている場合ではありません!!!!

「スリッパを制するものは角度を制す」
「スリッパを見つけたおかげで合格しました!」
というくらいに重要です。


三角形の内角の和は180度

学校教科書レベルだと、そもそも「内角」という言葉を教わらないので、「外角」つまりスリッパにも触れることなく、頭の柔らかな小5・小6の時期が過ぎ去っていきます。

小5で三角形や多角形の角度を学ぶ際に、教科書レベルだけでは絶対に足りません。


絶対に。

小4でやった角度(これも、教科書では学びませんが、錯角・同位角)を復習しつつ、

ここから大きく広がる角度の世界を見せてあげる。

↓↓こちらは小学英語です。
 
カラス?

なぜカラス?
 

中1の文字式
 

速さの問題は、最近の定期テストや入試の傾向を考えると、教科書準拠の図(上の写真)だけではなく、ダイヤグラム(下の写真)でも理解させる必要があります。(中1秋の定期テストでも出題例あり。)
 

ご相談・資料請求お気軽に

勉強のやり方カテゴリの最新記事