もっと高く!

もっと高く!

高くしたい!

それはいい。

でも、そうやる?

倒れるじゃん?

下手したら折れるじゃん! ?

そんな、

おじさんの面倒なアドバイスを無視して、

駆り立てられる欲望と、

とめられない手先だけが生み出す

手を伸ばす

左右は非対称に

両腕をブンブン振り回し

謎の生き物になり

 

 

 

肘と手で歩く

足はもういらない。

 

こんなことが、

料金をいただく習い事として成り立つことは、

あり得ないです。

 

でも、授業料をいただいて、

それでも通っていただける方がいるのはなぜか?

水泳やピアノに近い、

人間のすっごく愛おしい瞬間を、

見られるからだと思います。

ご相談・資料請求お気軽に

ロボット教室カテゴリの最新記事