単語!単語!適度な先取り

単語!単語!適度な先取り

英語・数学は、積み重ねの科目です。

 特に、英語は単語も文法も、次から次へと増えていきますから、一度わからなくなるとそこから先はまったくついていけなくなり、入試までずーっと英語は苦手。英語のせいで合格が危うい、ということもあり得ます。

 そんなときはどうするか?

まずは、単語を発音する力

 口で言えないものを、文字だけでいくら練習しても、ストレスがたまるだけで、まったく利がありません。とにかく発音ができるようにすること。

 今日、来てくれた生徒さんは、英語がすごく苦手なのに何故か単語はほぼすべて読める、という今まで見たことがないタイプ。

というわけで、この項目は余裕でパス!

単語の意味

 単語の意味がわからなければ、毎回の学校の授業についていくことが難しくなっていきます。

 中1・中2に戻ってでも、とにかく単語の意味がわかるように積み重ねること。

 自分で単語をやる習慣がなくなっていたお子さんも、単語練習が嫌いなお子さんも、やり方を整えて一緒にやり始めれば大丈夫です。

少しだけ予習(先取り)する

 英語が苦手な生徒さんにとって、学校の英語の授業が「楽しいか?」というと、絶対に楽しくありません。

 わからないからです。その状況を早く解消しなければ、本来楽しくてためになるはずの学校の英語の授業が、「ただ、ツライもの」になってしまいます。

 そこで、学校の授業を楽しく受けられるように、少しだけ予習をします。

 代表的な例文や単語を事前に教えて練習してもらうのです。今日の生徒さんは、これから学校で勉強する単元を勉強し、繰り返した結果、ほぼ満点をとるところまでいきました。

 もう、それだけで次の英語の授業が楽しみになる。

 得意な人よりも、苦手な人の方が「先取り」の効果は高い! って気がしています。

ご相談・資料請求お気軽に

勉強のやり方カテゴリの最新記事