内申・通知表向上のために最も大切なこと

内申・通知表向上のために最も大切なこと

はじめに

 内申・通知票向上のために最も大切なのは、学校のテストで高得点をとること、そのための準備を的確に行うことです。 

試験範囲の把握と的確な優先順位

 学校テストで高得点を取る人の共通点は、「試験範囲内でやるべきことの選び方がうまい」です。不思議なことに、一部の生徒は誰から教わることもなく、中学生であれば中1の最初のテストから、まさにこの力で驚くほどの高得点をとるのです。

 「勉強したら、テストに出た! 点数がとれた!」ということが自然にできているわけですから、そりゃあ、勉強も楽しくなりますよね。

点数を伸ばす方法を知る

 これは学習塾(主に学校対策をしてくれる集団塾)の得意領域です。

 たとえば、3つの期間に分けて、単元C→単元B→単元Aという順序で進め、直前は改めて単元Cを仕上げまくる!

 過去に出題された問題を参考にして、この学校・この先生だったらこういう問題が出るだろう、と「過去問マニア」の先生が、趣味と実益を兼ねて生徒のために準備に没頭するので、これに勝る得点向上プランはありません。 

 私も、この「学校にあわせた試験対策」というやつがたまらなく好きです。

最小限のことをとことんやる

 内申の高い生徒はたいてい真面目な生徒です。いろんな場面でリーダーシップを発揮していますから頼られることも多い。でも、まだ小中高校生ですから、やるべきことを上手に手抜きしてやる、なんてことはなかなかできない。

 そういう人は、「やるべきことが多い」からこそ、一番やらなければならないことを知っている。テスト勉強や課題の提出でも、そういう能力が発揮され、結果として大きな成果を残すことができるのです。

ご相談・資料請求お気軽に

勉強のやり方カテゴリの最新記事