2けたの割り算の導入~見当をつける。

2けたの割り算の導入~見当をつける。

本日も、体験の生徒さんに来ていただきました。
ありがとうございます!!!!

問い合わせの段階では、詳しいお話を聞いておりませんでしたが、

小4ということでしたので、

 梅雨時の小4と言えば「2桁で割る割り算」「商の見当」を教えてあげたい!

 と思って準備をしておきました。

まず、270=90✕□

 というように、0がついている状態で、スムーズに見当がつけられるようにします。

 そんなの簡単でしょ? 
と思われるかもしれませんが、

 300=50✕□ と、0が2つ見えたときに「あれ?」となったりします。

 算数という科目は、こうした「ちょっとした疑問やつまづき」が後々大きな山になって「算数苦手」の原因となります。

次に、269=90✕□

 さきほどと同じように、0をとるように、とりあえず9と0をとってしまいます。

 そうすると、9✕3=27 では超えてしまうから、9✕2=18 が正解、ということになります。

でもでも、ここが最初のポイントです。

 「でもさ、3では超えちゃうけど、2よりも3の方が答に近くないか?」

 「だって、269ってほとんど270だぜ?」

 生徒を少し迷わせます。

結論は…

 「いいんだよ、どっちでも。だって”見当”だからね。真面目に考えすぎちゃいけない。だいたい合ってればいい。

 「90円のお菓子を買う時に、だいたい270円持ってたな~、だから3個買えるな~。」

 「え?1円たりない?」

  そしたら、「すいません…。」ってレジで1個返せばいいじゃん?

 ここで、

 「お財布の中をちゃんと見ないで、3個レジに持っていくなんてありえない!」

 「最初から正しい数でなければダメ!」 という「正しさ」を捨てさせることが「商の見当」の肝中の肝です。

頭のいい人は「ものごとを大まかにとらえる力を持っている」

 それは、生まれた時に持っているわけではなく、学問的には小4の概数と割り算の商の見当で身についていくものなのです。かなり重要な、学力というよりは「感覚」です。

 「ものごとの捉え方」「すこしずれている、でもだいたい合っている、ということに対する肯定感」を育てなければ、この単元を教えたことにはならないと考えています。

 続きも書きたいですが、長くなりそうなので、まずはここまで。

算数のあとは、お馴染みの? お祭りイングリッシュ??(仮称!!)

小4ですからね!!!!

2020年!!!!

つまり、小6のときに英語の通知表評価が始まる世代です。

文部科学省が本気で英語力をつけさせようとしている第一世代です。

腕がなるぜ!

 

こちらもぜひ!

知的に面白く

ご相談・資料請求お気軽に

勉強のやり方カテゴリの最新記事